072-842-2090

ブログBlog

Blog

072-842-2090

営業時間

午前 9:00~12:30
午後 16:00~20:00(予約優先)
※月・水・木の午前は完全予約

定休日

日・祝

Home > ブログ > 夏が過ぎても油断は禁物!秋バテに注意!!

ブログ

夏が過ぎても油断は禁物!秋バテに注意!!

8月も終わりまだまだ残暑も厳しい9月ですが、少しづつ朝晩の涼しさも感じられるようになってきました。

夏の暑さもあと少しです。これから、夏の暑さが和らぎ涼しくなりますが気をつけないといけない事もあります!

夏の暑さやエアコンの冷え、夏場の疲労が重なることで秋口に現れる体調不良。

それが、「秋バテ」

夏バテじゃなくて秋バテ? あまり、聞き馴染みのないかもしれませんが、、、

今日は、そんな秋バテについてお話したいと思います。

 

目次

夏が過ぎても油断は禁物!秋バテに注意!!

夏はエアコンや冷たい飲み物や食べ物で暑さをしのいだという方も多いのではないでしょうか?
そんな暑い夏ももう少しで終わり、季節は秋へと移っていきます。
夏は外部環境が暑いせいで身体を冷やすことが増えるため夏風邪や胃腸の調子を崩す人も多くなります。
しかし、夏が終わり秋口になっても胃腸の調子が悪かったりなんとなく身体がだるいなど倦怠感がのこるケースもあります。
秋口になってもそのような症状が続く人は「秋バテ」かもしれません。

秋バテの原因とは?

秋バテとは、真夏の生活習慣により、自律神経などが乱れ、食欲不振や倦怠感などの不調が秋までつづくことです。
秋口の自律神経の乱れは、特に夏にエアコンのあたり過ぎや冷たい飲食物の摂取などにより身体(内臓)が冷えることで起こることが多くなります。
秋バテは夏バテ(夏の疲労)の延長線上にあるので夏の疲れは夏のうちにケアをすることが大切になります。
(※特に高齢者は、秋口は免疫力や体力が落ちやすいため注意が必要です。)

予防には、まず食生活から!

やはり医食同源と言う言葉もあるように、食事は身体を良くするためにはとても大切。
食生活を見直さない限り体調を良くすることはできません。
夏場は暑さの影響から冷たい物を食べることが増え、そのため胃腸の働きが悪くなり食欲不振になる事が多くなります。
食欲がないからと簡単なもので済ませたり、食事自体を抜いたりしがちになります。それではいけません。
まず、毎日三食決まった時間にしっかり摂るように心がけましょう!
まずは、そこからです。

そして、栄養バランスのとれた食事を意識しましょう!
胃腸を刺激する冷たい物は避け、温かいものを摂取するようにしタンパク質、ビタミン、ミネラルなど疲労回復や熱量維持に効果的な食品を選び調理の際も消化が良くなるよう細かく刻むなど工夫すると良いでしょう!
(※食事の時は良く咀嚼することもお忘れなく!)

室温管理も大切!

暑い夏はエアコンをつけて過ごします。夏場のエアコンの設定温度低めに設定する人が多いと思いまが、最近秋になっても残暑が厳しくエアコンをつけて過ごす日もあるかと思います。その時に気をつけなければいけない事が室温の管理、エアコンの設定温度です。秋は冬への備える準備期間でもあります。真夏の猛暑で受けた疲労や冷房で冷えた体を徐々に回復させなければいけません。
そのため秋口にエアコンを使う際のエアコンの設定温度は、27~28℃くらいにして過ごすことをおススメします!
もちろん、9月といっても猛暑日などもあります。熱中症の危険性がありますので一概には言えませんが、徐々にエアコン離れをするように心掛けましょう。
冷風が体に直に当たらないよう風向きを調節するようにしましょう!

秋は冬の準備期間。しっかり体調管理をしましょう!

9月が過ぎれば全国的に気温も低くなってきます。これからは季節の変わり目の気温の変動による体調の変化に気をつける必要があります。
私たち人間の身体は自律神経の働きによって体調を管理しています。
自律神経の働きは体温調整にも関係が深く、気温がプラスマイナス5℃を越えると体温調整がうまくできずその温度差によって体調不良を引き起こします。
朝晩の気温と日中の気温差が5℃以上となることも多い秋口は特に注意が必要です。
季節は暑い夏から涼しい秋へ。そして、秋から寒い冬へと移っていきます。本格的に冷えこむ前に秋バテは解消しておきたいですね。

最後に

真夏の生活習慣により自律神経が乱れ食欲不振や倦怠感などの不調が秋までつづく秋バテは早めにケアをしておかないと体調不良が長引くことのなります。
夏から秋に変わるこの時期に日ごろから体調管理に気を配り、予防に努めていくことがこれからの秋冬を乗り切るために必要なことです。

もしも、自律神経の乱れや身体の不調、身体の痛みなどでお困りの方、なかなか自分ではケアが出来ない方は一度当院へご相談下さい!

たかよし鍼灸整骨院
TEL072-842-2090

シェアするShare

ブログ一覧